1〜終まで読む 100〜終まで読む
数学者は論文を書くことが仕事ですね? 第2論文 (319) TOP カテ一覧 スレ一覧 2ch元 削除依頼
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

数学者は論文を書くことが仕事ですね? 第2論文


1 :2011/12/20 〜 最終レス :2013/06/05
論文を書かない大学の先生(数学者)が多いと聞きました。
サーベイやシンポジウム報告集で研究していると
ごまかしている人が多いです。これは論文ではありません。
論文を書いて下さい。数学者は論文を書くことが仕事ですよ?
公益にかなう議論をして叱咤激励しましょ@(^ω^)@
数学者は論文を書くことが仕事ですね?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/math/1295762063/

2 :
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/math/1295762063/
数学者は論文を書くことが仕事ですね?

3 :
9 : 132人目の素数さん : 2011/01/23(日) 19:34:54
数学者(プロ)の条件:
教授 論文単著換算で30本以上(いずれもAnnalenクラス以上とする)
准教授 同上  15本以上
助教  同上   8本以上
(注意) 傑作とされる論文が単著換算で数本あれば、上記の数字を
     満たさなくてもよい
___________________
これを下回る数学者はプロとして不適格ではないでしょうか?

4 :
22 : 132人目の素数さん : 2011/01/25(火) 09:23:26
海外だとx年でxx以上の雑誌にx本ってノルマがあるだろ
純粋数学ならだいたいは6年で一流雑誌に5本ぐらいだけど
例えばAnnalsとかに6年で5本ってのはクズ論文の量産じゃまず無理で
客観的な指標としてちゃんと機能してる
それにAnnalsはリジェクトがかなり早くて1,2ヶ月で可否のケリはつくから
数学は掲載のやり取りに手間取るので〜なんて言い分も上の雑誌ではあんまり関係ない
佐藤先生は海外なら論文書いたろうし
まあ例外はどこでもいるし数が全てとは当然言わないけど
日本の場合は色々レスしてるような雑魚の言い訳に使われる場合の方が遥かに多い

5 :
76 : 132人目の素数さん : 2011/02/07(月) 17:30:37
80年代: 論文数が10本近くないと助手の公募で勝てなかった(団塊世代がポストを占めていた影響もある)
90年代: 半ばに大学院重点化と教養の廃止、専門への統合で、数学人事バブルが起き、論文3本とかでも助手になれたw
2000年代:公募で分野指定しないと応募者が三桁なんてこともあるw
77 : 132人目の素数さん : 2011/02/07(月) 17:32:53
つまり90年代に適齢期だった院生、ポスドクの皆さんは
超ラッキーで、この世代が、失われた世代と言われている
何が失われたって? 論文を書かないでもポストにつけたので
トンデモないのが生き残っているw

6 :


7 :
963 名前:132人目の素数さん :2011/12/20(火) 21:31:04.23
論文といっても共著ばかりじゃ、年に4本くらい書いて1本分の評価だね

8 :
藤原先生の査読ジャーナルにのせたご自身の論文はいくつあるんですか?

9 :
論文10年ないのに科研費の審査員がつとまるの?

10 :
サイコロでも振ってるんじゃないの?

11 :
いや、10年路運分のない人をさがして、当てているんだよ

12 :
論文が10あったとして、8個くらいが全部共著ってアホなの?

13 :
583 名前:132人目の素数さん :2011/12/21(水) 00:27:27.00
共著者が証明ができたとき。その瞬間はまだ言葉になっていなくて、
共著者に論文に書いてもらってはじめて言葉としてわかってもらうのですが、
やはり共著者が「できた!」という瞬間がいちばんです。
肝心な定理の証明だけではなく、いろいろな例を共著者が計算しているとき
「この例でもいける、これでもいける」と共著者がいうときも
共著者が「あの予想は正しいんだ」という興奮を感じて楽しいですね。

14 :
545 : 132人目の素数さん : 2011/04/20(水) 14:33:30.61
伊藤由佳理 「数学は若いうち」というのは男性の基準だとも思います。
男の人たちがバリバリ仕事できる30〜40代の間、女性は子育てに
追われて自分の時間がとれません。子どもが大学生になって
急にたくさん仕事をするようになった女性数学者を何人も知っています。
数学の研究だけさせてくれる環境があったら最高ですね。
546 : 132人目の素数さん : 2011/04/20(水) 14:34:07.26
伊藤由佳理 証明ができたとき。その瞬間はまだ言葉になっていなくて、
論文に書いてはじめて言葉としてわかってもらうのですが、
やはり「できた!」という瞬間がいちばんです。
肝心な定理の証明だけではなく、いろいろな例を計算しているとき
「この例でもいける、これでもいける」というときも
「あの予想は正しいんだ」という興奮を感じて楽しいですね。

15 :
10年論文をかいたこともない奴に科研費の審査をしてもらいたくない
とっとと辞退しろ

16 :
毎年コンスタントに論文を発表している人は
宇沢なんかに審査される筋合いはないわな

17 :
たしかに審査される筋合いはない

18 :
宇沢スレの設立を提案します。
この問題は根が深いので、議論が必要です。

19 :
宇沢がどういう気持ちで申請書類をリジェクトしているのか
小一時間問い詰めたい。

20 :
5時間ほど質問したい

21 :
宇沢のwikiの項目の削除を提案します。
彼は特筆するべき項目のある数学者とは思えません。

22 :
宇沢の飲み屋論法というのは知っているかな?
鳩ノ巣原理の亜種なんだが。

23 :
>>950辺り
次スレは1000行ってから立てた方がいい

24 :
>>18
スレが立ったらワシが作業をするゾ。エエな。


25 :
>>18
よろしく

26 :


27 :
hosyu

28 :
あげ

29 :
関連スレ >>1
日本の数学者の実力とデータベース 3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/math/1320159674/
【10年論文なし】 学振・科研費の審査員を審査する
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/math/1324962484/

30 :
大学に勤務する数学者(応用は除く)の論文ノルマは単著に換算して
どれくらいですか?

31 :
たとえば、テニュアトラックに乗っている場合、テニュアを得る条件みたいなものは
どんなものでしょうか?

32 :
Annalsクラス= S
Crelles, DukeやAdvances クラス=A
Tpology とかJ. Algbera, J. Differential Geometry = B
Ngoyaとか = C
として単著に換算で、5年にどのくらいパブリッシュすればいいのでしょうか?

33 :
ハーバードの数学教室が基準をのせていなかった?

34 :
ハーバードではテニュアを得る条件 6年でAまたはBで単著換算5本以上か?

35 :
>>30
あんた事務の人?

36 :
>>32
J.Alg.は今はNagoya以下。
J.Diff.Geom.は今はAdvances以上。

37 :
>>36 Topologyも今はNagoya以下

38 :
>>32 このクラスに5本以上ある日本人は少ないね

39 :
>>38
 24歳の、ニートの、ゴミ・クズ・カスのクソガキは、早く、定職に就かないと、
将来は無いぞ!!!!!!!

40 :
>>38
未来の俺なら余裕

41 :
>>37 何も分かっとらんクズめw
その雑誌は廃刊だよw 来年からw

42 :
>>36
なに見てるんだかw
eigenfactorとか見てみろよw
nagoya <<J. Algebra
J. Diff. Geometry = J. Algebraic Geometry < Advances in math

43 :
>>39 おまえがなw

44 :
>>42
それはない。
J.Algは修論を載せる場所。まあnagoyaも簡単だけどね。
Adv.Mathは今はどんどん簡単になっている。
J.Diff.Geomはドナルドソンのフィールズ論文とか、
リチャード・トーマスのDT不変量の論文とか、タクローの
柏原予想の論文載ってるの知らんの?Dukeより実質は難しいでしょう。

45 :
>>44
Adv.Mathは、すっかり落ちちゃったね。
まあ、今でも悪い雑誌じゃないが。
昔の、独りよがりのEditorがいた頃の方が良かった
というのは皮肉な話だ

46 :
>>45
Rotaっていったっけ?

47 :
特定の論文がどこに掲載されたかの印象でものを語っても客観性はないよw
バカなことは分かったから、勉強してこいよ
それなりのメジャーで評価サイトがあるから見てこいよw
ところでリジェクトされて悔しいのかいw?

48 :
>>46
Rotaはずいぶん前に死んでいるよw
ボードは前から数十人いるから関係ないw

49 :
それから修論をどこに載せようと自由だがw
Ivent. Annals でもいるだろうw
それなりの論文が書けたら
それなりのジャーナルに投稿するわけでね

50 :
京都ジャーナルよりは名古屋がましだということは認めてもよい

51 :
>>50
ジャーナル宣言以降、逆転した感があるが・・・

52 :
ジャーナルのランキングはオーストラリア数学会をはじめとして色々とあるけど
重要な論文に引用されたものに重みをつけるというアイデアでのランキングは
ttp://www.eigenfactor.org/rankings.php?bsearch=PQ&searchby=category&orderby=Eigenfactor

53 :
>>52のは応用系と純粋数学が一緒クタになっているので、違和感ある。
まあ、純粋数学で分野別ジャーナルと分野に限定されない一般ジャーナルとでも
ランクキングを同じところに並べるのも違和感がある。
Dukeとかと、Diff. Geometryとかは対象班員が同じとは言えないですからね。
紀要には紀要の事情があるし。Nagoyaとかだと所属大学の人が投稿して来た時には
甘くせざるを得ないのではないでしょうかね?
まあ、いずれにせよここにあがっているジャーナルはそれなりのジャーナルだと思います。

54 :
みんな、ランキングは何を一番参考にしてる?
マサイ、eigenfactor、ARC(オーストラリア)、IF、、、
マサイとeigenfactorで評価が大違いのものが結構あると思うけど。
若い世代の方がランキングに敏感なようだね。

55 :
ランキングはどうでもいいですよ。
引用数の方が重要。

56 :
>>55
引用数が多くて得をしたことはありますか?

57 :
>>56
ありません。

58 :
>55
数学に関してはそうかもしれん.またタンジュンに数の問題じゃねーケドそこそこの論文数も必要.
あまりに数がすくねーと仕事できねー椰子と思われるカラw

59 :
サイエンス・カフェに有名人を呼ぶのが数学者の仕事。

60 :
東大生=べ=king様の弟子=Gaussってまだ生きてたのかよwwwww

61 :
>>59 そうです(キリッ)

62 :
>>56
2ちゃんねるで叩かれないというメリットがありました。

63 :
旧帝や有名私大でないと、論文少なくても叩かれないよW
まあ、いつ自分に向かって来るか実はヒヤヒヤしているんだがW

64 :
早稲田はひどいのが多い。
東工大も助教はひどいのが多い。

65 :
ドキドキするぜw

66 :
はよお おれをさらしてくれないかのおw

67 :
>>63
早慶はよく名前が晒されているが、数学的には大したこと
ないからね。研究者目指すなら、早慶より地方帝大。
数学に限らず理系なら全般にいえること。

68 :
地方帝大は全部さらしたか? 

69 :
京大、東大、名大しか地方帝大はさらされていません

70 :
早稲田で酷いのが代数。
元学部長なんて業績ほとんどなし。

71 :
しかしその先生のHPは充実しているw

72 :
数論とか代数解析とか早稲田は低レベルぢゃないのか?

73 :
1993年度以降、種々の研究会が各分野で開かれてきたが、特に整数論では
毎週金曜日には全国の研究者が参加して開かれる整数論の研究会が継続して
いる。研究会の成果を基にして、毎年3月に早稲田大学の大久保キャンパスで
シンポジウムを開催するのが恒例になった。この13年の積み重ねによって、
数理科学科は現在の日本における整数論研究のメッカとして認められるに至った。
私の研究室では不定方程式論、岩澤理論のグリーンバーグ予想研究、
非アーベル岩澤理論の研究を継続して行ってきた。

74 :
藤井俊(学振研究員)
尾崎学氏の弟子で、非アーベル岩澤理論の新進気鋭の研究者である。
この人mathsciで見つからないけど、ローマ字の綴りは何?
オンラインで読める論文はありますか?

75 :
Satoshi Fujii is cited 6 times by 3 authors

2件以上引用されている論文はないようだ。
1 Fujii, Satoshi On a higher class number formula of $\bold Z\sb p$Zp-extensions. Tokyo J. Math. 28 (2005), no. 1, 55\u201361. (Reviewer: Jilali Assim), 11R23 (11R29)
1 Fujii, Satoshi; Ohgi, Yoshihiro; Ozaki, Manabu Construction of $\Bbb Z\sb p$Zp-extensions with prescribed Iwasawa $\lambda$\u03bb-invariants. J. Number Theory 118 (2006), no. 2, 200\u2013207.
1 Fujii, Satoshi; Okano, Keiji Some problems on $p$p-class field towers. Tokyo J. Math. 30 (2007), no. 1, 211\u2013222.
1 Fujii, Satoshi The torsion of $p$p-ramified Iwasawa modules. II. Proc. Amer. Math. Soc. 136 (2008), no. 2, 461\u2013466 (electronic).
1 Fujii, Satoshi Non-abelian Iwasawa theory of cyclotomic $\Bbb Z\sb p$Zp-extensions. The COE Seminar on Mathematical Sciences 2007, 85\u201397, Sem. Math. Sci., 37, Keio Univ., Yokohama, 2008.
1 Fujii, Satoshi Pseudo-null submodules of the unramified Iwasawa module for $\Bbb Z\sp 2\sb p$Z2p-extensions. Interdiscip. Inform. Sci. 16 (2010), no. 1, 55\u201366.

76 :
研究業績の評価は、しばしば「論文引用数」や
「インパクトファクター」などの指 標を用いて行われている。
しかし、数理科学の論文は引用される期間が短期集中的で はなく
相当長期にわたることが多く、また大定理であればあるほど一定期間を過ぎる と
周知の事実として扱われ、引用文献として掲載しない傾向がある。その結果、指標 を
誤用して研究業績や研究分野を比較すると、見当違いの判断に至る
おそれがある[4]、 [5]。指標を安易に用いることは、特に
数理科学においては、研究の発展を阻害しかね ない。長期的に見て
評価が研究分野の発展に貢献したかを事後的に点検する
制度を導 入すべきである。

77 :
桃李言わざれども下自ずから蹊を成す

78 :
>>73
研究を行ってきた・・・・・が・・・・・成果はなかった

79 :
現在の日本における整数論研究のメッカ

80 :
>>79
 お前は、定職に就くのが、先決だろがああ!!!!!!

81 :
>>76
>大定理であればあるほど一定期間を過ぎる と
一定期間ってどのくらい?

82 :
Kumano-go (book) PDOs は引用が千件近くある。

83 :
>>82
擬微分作用素の大家だもの

84 :
>>82
マサイだと
From References: 106
From Reviews: 5
だけど?

85 :
本が論文がわりなのかな、若くして亡くなってしまった。

86 :
あの本が寿命を縮めた、とは言われるね。

87 :
何とひ弱な。あちらの大家はもっとでかい大著平気で書いてるが。

88 :
現在の日本における整数論研究のメッカ

89 :
現職教授の死亡は阪大名物

90 :
>>87
たまにはラマヌジャンのことも思い出してください

91 :
>>44 DukeとJour.Diff.Geom.の比較は難しいだろう。Dukeは代数系だし、この二つに
論文載せている人はほとんどいない

92 :
>>91 そんなこたあないw バカだねおまえ

93 :
>>92 いくらでもいると思うが、日本人だとすぐには思いつかない

94 :
たとえばALE spaceの論文幾つかをそのどちらにも載せている人がいるよw
それに代数幾何の人なんざあ、そのどちらにも載せているけどねw 
Project Euclidで同時検索出来るからw >>91>>93

95 :
>>89
数学については二人しか知らないけど(病死、事故死以外)

96 :
>>95
熊ノ郷以外なら
微分幾何のM、トポロジーのK、数論のY、PDEのN
かな、現職教授だと。

97 :
>>94 ALEの人は見つけましたが、他には見つかりません

98 :

 お前たちは、定職に就くのが、先決だろがああああああ!!!!!!!!

99 :
人類の数学レベルも落ちたな。

100〜終まで読む 1〜終まで読む
1〜終まで読む 100〜終まで読む
TOP カテ一覧 スレ一覧 2ch元 削除依頼
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]